【株FX】5月13日の株価暴落について【プロが解説】

①「2021年1月29日~2月1日」の日経平均の連続下落時は、『先物OPの動向を毎日見ながら「日経の下落が続くとしたら27000円まで、2月1日以降は28500円以上に上がる可能性の方が高い」ことを示唆して当たり、

②今週の日経平均の連続下落も「2021年4月21日」に「今後それなりにキツイ下落を想定しておく必要あり」と書いていた予想が当たったね♪

今回も、なかなか良い精度でお手本になったんじゃないかな?
ただし、②の予想は「東京都・大阪府・京都府・兵庫県の緊急事態宣言を、私が受け止めてからの相場解釈」なので、「2021年4月21日の日記」の後半通り,緊急事態宣言以前に書いていたいくつかの記事で「戦略シナリオの変更、または現状維持か?」を加えていたよ♪
ナンピンの可否や、ポジションは現状維持でOKか?など )
面白そうだったら読んでみてね♪

日経平均の暴落中の昨日&本日も、上がり続けている株

2倍の可能性がある有望株」で書いていた2つ目の株は、なんと「ここ連日の日経大幅下落中でも、株価が連日上昇する」強さを見せているね♪
数年後の2倍上昇を見込んでいるので、当然それまでの間に一時的に株価が元に戻る時期が来る可能性があるとは言いつつも「この連日下落トレンドにも耐えて上がる=大口投資家は、今も,この株の仕込み買いを始めている」実績が分かるね♪

今後の日経平均の投資戦略

天井と大底の株価を予測する方法」や「日経平均や指数の解説」を読むと分かる通り「個別銘柄については、何円まで株価が上下するのか,明確かつ具体的な数字まで予言できるケースが多くある」けど「日経平均や指数に関しては、具体的な数字まで分かるケースは,とても少ない」ことが分かるね♪

そこで「資金管理の本質」や「損切り要らずの必勝法」が必要になるということだね♪ ( 「株価が上がっても下がっても利益が出る」魔法のような上級者~プロ向けの投資戦略 )

当面の間は、
①2021年1月29日の、直近最安値にタッチしたので、現在の27500円付近が底となって再び反発上昇。
②2020年12月でレンジ相場だった「26700円付近」を目指して下落。
③万が一に、最大まで暴落する場合は、2万2000円台までが目処と思われる。

のどれかになるので、①~③のどれに転んでも安定して勝てるように、個別株メインの人は、しっかり「資金管理の本質」や「損切り要らずの必勝法」などを復習しておこう♪

日経先物」の場合は、日経が①~③のどれになっても結局やることは同じで、当日の値動き範疇で,大きく勝てるので、こちらも面白そうだったら読んでみてね♪

今回も勉強になったかな?
もし勉強になったら、▼も読んでみてね♪

<日記>
◯【日経平均・TOPIX・マザーズ・為替】をプロが徹底解説♪
◯【株FX】下落相場でも機関投資家が売ってるとは限らない【プロが解説】
◯【株FX】4月21日から、株価は暴落するのか?

<ブログ初見さん向け>
◯【株FX必ず読んでほしい記事まとめ【超重要】
◯【株FX】上がる銘柄を厳選する条件【プロが徹底解説】

<上級者~プロ向け>
◯【株FX】勝てる!安全な資金管理の本質
◯【株FX】天井と大底の株価を予測する方法

<機関投資家になりたい・投資を職業にしたい人向け>
◯【株FX】「損切りの奥義」と「損切り要らずの必勝法」
◯【株FX】私のデイトレード法そのまま【日経225】

これからも一緒に頑張ろうね♪

__
※注意事項
◯解説はあくまでも参考程度に。(たまにハズれちゃうこともあるよ)
 最終決定は自己責任で行ってね。

◯質問は「こちらのリンク」を読んで送ってね♪
採用されたら、追記記事が生まれたり、新記事が生まれたりすることがあるよ。採用されなかったらゴメンね♪

◯詳しい注意事項は「こちら」を読んでね♪

◯このブログのキーワード:株式投資、デイトレード、スイングトレード、長期投資、投資法、注目銘柄、日本株、米国株、高配当、成長株、割安株、グロース株、バリュー株、FX、為替、日経平均、テクニカル分析、ファンダメンタル分析、日経225先物、NYダウ、バブル、企業分析、決算

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro
広告ブロックを検出しました! Ads Blocker Detected!

広告ブロッカーをオフにしてブラウザを更新してください。

当サイトは広告収入で運営しており、広告を表示して応援していただける方へ情報を提供したいと考えております。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

Powered By
CHP Adblock Detector Plugin | Codehelppro
タイトルとURLをコピーしました